生え際ニキビには頭皮ケアで健康な肌をキープする

顔と髪の毛の生え際のニキビには、顔のためのニキビ対策をするより頭皮のケアをすることで抑えることができます。

髪の毛が長い女性は髪をブラッシングする機会も多いので、そのたびにブラシの先端がニキビを擦って痛いと感じてしまう、厄介な治りにくい場所にあります。

顔のニキビは、比較的大小様々な大きさがありますが、顔と髪の毛の生え際ニキビでは感触が捉えられる大きなサイズのものではなくすぐ出来てしまう小さなものが多いです。

人によって差はありますが、髪の毛は約10万本生えているといいます。
そのため、頬などの短い産毛とは違って蒸れやすく風通しの悪いエリアだと捉えることができるのです。

それでは、気になる生え際ニキビはどうしたら防ぐことができるのか、それは日々の中の何気ない癖や行動に問題があるのではと考えられます。

まず、頭皮につける整髪料はいくら髪の毛先につけるとはいっても、時間が経てば毛の根本に落ちてきて、皮膚を汚したり毛穴を詰まらせる原因となってしまうのです。

理想のヘアスタイルをキープするためには、ヘアワックスやヘアスプレーなどが欠かせないと思います。
けれど、その整髪料を一日の終わりにきちんと流しているという人は意外に少ないかもしれません。

もちろんシャンプーをして髪の毛を洗うという行動はほとんどの人がクリアしていると思います。
だけどそれだけでは完璧とはいえないので、粘り強い整髪料を落とすためには二度洗いを心掛けるようにしましょう。

けれど、シャンプーの回数が増えれば増えるほど洗い残しが多くなるものです。
整髪料と同様にシャンプー液の洗い残しも毛穴を詰まらせてニキビができやすい原因となります。

それを解消するためには、頭皮で泡立てた分以上にシャワーで洗い流すことをすれば、脂質も含めてすっきりすることができるのです。

それと、コンディショナーやトリートメントを髪の毛全体になじませているという人は多いのではないかと思います。
いくら洗い流すといっても、オイル分が大きいコンディショナーやトリートメントを頭皮近くの毛の根本までつけるということは、ニキビがあった場合炎症が悪化してしまう原因になりあまりよくありません。

顔と同じように、化膿しているニキビにはオイルが含まれたものをつけると、より毛穴の詰まりを引き起こしてしまうのです。

髪の毛にとっては軋まないようにコンディショナーやトリートメントをつけることは大切ですが、地肌に触れないようになるべく傷みやすい毛先中心にしましょう。

それと短い髪の毛の人は怠りがちですが、頭皮が湿っているとニキビ菌を含め細菌が繁殖しやすいので、ドライヤーをかけて乾かすことを忘れないのが大切です。

温風だけだと地肌が火傷してしまうので、冷風も使いながら湿り気がとれるまで乾かしましょう。

頭皮は脂っぽくなりやすい場所だからこそ、できるかぎりさっぱりとした状態を維持できるように髪の毛を洗った直後から気をつけたいものです。

顔と髪の毛の生え際のニキビ対策には、頭皮ケアやちょっとした心がけで減らせることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>