自己ケアでニキビを治す場合

ニキビができれば潰す、そういった考え方の人も居られますが、確かに潰せるニキビは潰してしまった方が治りが早いかもしれませんが、逆に潰すことは決してしてはいけないと考える人もいます。

また潰し方で症状が悪化してしまったりする場合もあるので、潰す時には知識が必要にもなってきます。

ちなみにニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、膿ニキビと分けられますが、それぞれ症状もことなります。

白ニキビは皮脂が毛穴に詰った場合に起こり、黒ニキビは毛穴に詰った皮脂が酸化する状態、赤ニキビはアクネ菌の増殖と炎症を起こしてしまった状態、膿ニキビは炎症がさらに酷くなった状態に分けられます。

またニキビを潰す場合には白ニキビと黒ニキビなら潰しても大丈夫ですが、潰し方には手順があります。まず患部を触る前に手を綺麗にしましょう。
そしてピンセットなども消毒をしておき、幹部にあてます。ニキビの中心に穴を開けて(針などで刺す)膿の出る場所を作っておきます。ポイントとしては、ニキビ部分を温めて柔らかくしておくこと、そして面皰圧子を用意しておいて、それを少し強めに押し当てることでニキビの芯を取り出します。

またここで出てこない場合は一度治療をやめることをお勧めします。どちらにしても、その後のケアとして消毒したガーゼで上から軽く押しましょう。

そして綿棒につけたニキビ用軟膏を塗ります。ここで紹介したとおりに、ニキビを潰すには道具があると助かります。中でも面皰圧子は必要になってくるので大事ですが、それ以外にも便利な道具は売られています。

また自己ケアによりニキビを潰すと言うことは、手軽にできてしまうことでもありますが、やはりリスクを考えると、ニキビ跡になってしまってからでは遅いですから、あまり自己でのニキビケアは避けたいところでもあります。

あまりにニキビができやすかったり、お肌が硬めの場合などには、医療機関での治療がお勧めになります。

思春期ニキビへの対処法

10代の頃は思春期ニキビに悩みました。かなり悩んだので色々なニキビへのアプローチ方法を試しましたが、その中でも一般的に有効と言われている方法ためしたのでその効果について触れたいと思います。

まず思春期の頃はとんでもない脂性で洗顔後1時間で顔がテカテカになる程でした。そこで脂を抑えるため化粧水を使用してみましたがこれが逆効果。抑えられた皮脂が逆に毛穴につまってしまって化膿したようなニキビができてしまいました。個人的に脂を抑えるなどを打ち出した安い化粧水などは脂性の方にはおすすめできません。

次に脂性なので洗顔も洗浄力の強いものを使用していましたが、逆に脂を取りすぎてしまって脂性を悪化させるばかりでした。なので15歳くらいの頃に洗顔料を使うのをやめ完全に朝、夜2回水洗いのみで洗顔に変えましたがこれがかなりヒット。最初ぬるま湯で顔を洗い皮脂や汚れを落とし、その後冷水で引き締めるだけでしたがかなり脂性が改善し、この時期からほぼニキビは顔からなくなってきたと思います。肌に負担もまったくないしその後の化粧水も要らなくなりました。お金もまったく掛からないので試す価値ありです。個人の見解ですが脂性の方は水洗いとってもおすすめです。

そして次にできてしまったニキビへの対処法ですがまず触らない事が重要。またおでこにニキビができてしまっている人は思い切って前髪をあげるもしくはおでこを出すスタイルがいいです。髪の毛があたってしまうとニキビが化膿してニキビ跡になりやすいです。おでこを出すスタイルにしてからおでこのニキビの治りも早くなりましたし恥ずかしいですが前髪は確実にニキビに悪影響です。

最後に食生活。食生活は必ずと言っていいほどニキビに影響します。一度1週間マックやカップラーメンのみその後ほぼ野菜のみの1週間に食生活を変えて検証してみましたが粗悪なものを食べた続けた2日目にはニキビができていました。また顔も常にテカテカ状態をキープと最悪でした。その後や野菜中心に変えてみたのですが脂性もかなり軽減されニキビもほとんどできませんでした。食生活はニキビに多大な影響を及ぼすのでジャンクフードのゆな粗悪なものを食べるのをやめ野菜中心にしましょう。