自己ケアでニキビを治す場合

ニキビができれば潰す、そういった考え方の人も居られますが、確かに潰せるニキビは潰してしまった方が治りが早いかもしれませんが、逆に潰すことは決してしてはいけないと考える人もいます。

また潰し方で症状が悪化してしまったりする場合もあるので、潰す時には知識が必要にもなってきます。

ちなみにニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、膿ニキビと分けられますが、それぞれ症状もことなります。

白ニキビは皮脂が毛穴に詰った場合に起こり、黒ニキビは毛穴に詰った皮脂が酸化する状態、赤ニキビはアクネ菌の増殖と炎症を起こしてしまった状態、膿ニキビは炎症がさらに酷くなった状態に分けられます。

またニキビを潰す場合には白ニキビと黒ニキビなら潰しても大丈夫ですが、潰し方には手順があります。まず患部を触る前に手を綺麗にしましょう。
そしてピンセットなども消毒をしておき、幹部にあてます。ニキビの中心に穴を開けて(針などで刺す)膿の出る場所を作っておきます。ポイントとしては、ニキビ部分を温めて柔らかくしておくこと、そして面皰圧子を用意しておいて、それを少し強めに押し当てることでニキビの芯を取り出します。

またここで出てこない場合は一度治療をやめることをお勧めします。どちらにしても、その後のケアとして消毒したガーゼで上から軽く押しましょう。

そして綿棒につけたニキビ用軟膏を塗ります。ここで紹介したとおりに、ニキビを潰すには道具があると助かります。中でも面皰圧子は必要になってくるので大事ですが、それ以外にも便利な道具は売られています。

また自己ケアによりニキビを潰すと言うことは、手軽にできてしまうことでもありますが、やはりリスクを考えると、ニキビ跡になってしまってからでは遅いですから、あまり自己でのニキビケアは避けたいところでもあります。

あまりにニキビができやすかったり、お肌が硬めの場合などには、医療機関での治療がお勧めになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>